第四のがん治療法・癌の転移は苦痛に対処する治療で完治を目指す

Doctor

第四のがん治療法

免疫力を活用した治療法

医者

がん治療は、外科手術や抗がん剤治療が有名です。最近では放射線治療の知名度も上がってきました。がんの種類や症状によって適切な治療法は異なります。患者に十分な体力が残っていないと治療を行う事すら難しいのです。それだけがん治療は困難を極めているのです。しかし新たな治療方法として挙げられるのが免疫治療です。新しいタイプの免疫治療は患者の体に負担をかけずに行えることからも話題になっているのです。免疫治療は、人間が本来持っている免疫力を利用して治療を行う方法です。そのため効果が長時間持続する事や副作用などが発生しにくい効果があります。免疫力は体力があるときほどその効果を出すため、免疫力の高い病気の初期段階であればあるほど高い効果を出します。

副作用のない治療法

まだ研究段階の為実用化には時間がかかりますが、転移したがんや再発したがんなどにも有効であるなど高い効果を期待する事ができます。人間の体では一日数えきれないほどの細胞が生まれています。その中には癌細胞も含まれています。しかし全員が癌にならないのは、免疫力が癌細胞を攻撃するためなのです。つまりすでに成長過程に入った癌細胞も同じように免疫力で対応することが可能であるということです。免疫治療は現在他の治療法がない末期患者中心に利用されていますが、早期患者に利用するようになると患者に負担をかけない状態でがんを治療することができるようになり、完治率が飛躍的に向上すると試算されています。癌だけでなく免疫力による治療は魅力的です。