第四のがん治療法・癌の転移は苦痛に対処する治療で完治を目指す

女性

第四のがん治療法

医者

癌の治療はどれも患者に負担をかけるものが多くなっています。そのため、体力がなくなると治療する手法がなくなってしまいます。第四の治療方法として免疫治療が注目されています。人間の本来持ち合わせる免疫力を用いた治療法です。

がんの治療方法と健診

医者

がんというと不治の病とされてきましたが、最近は、早期発見と早期治療により治る病気となりました。医療の進歩で手術、抗がん剤治療、内視鏡治療、放射線治療、免疫療法などがん治療も進んでいます。しかし、がんは、怖い病気であることに変わりがなく、早期発見・早期治療が必要で、がん検診の必要性が注目されています。

移りゆくがん細胞との闘い

男性

がん細胞は遺伝子の異常によって増殖力が暴走した細胞です。血流やリンパの流れに乗って全身に転移しようとするがん細胞は、まるで寄生生物のような存在と言えます。こうした転移がんも早く発見するほど完治の可能性が高まります。最新検査機器を備えた病院では、症状が出ないうちでもこうした転移がんを発見できます。

過去と現在の治療の比較

癌の転移を予防する治療方法があります。こちらのサイトで紹介されていますので、チェックしてみましょう。

あきらめる必要の無い病気

女の人

癌と言えば、以前は治療が難しいという印象が強く、転移が進行していると診断されると、治療をあきらめる方もいる病気でしたが、最近では治療技術の向上によってこの傾向は変わりつつあり、同時に医師や患者の向き合い方にも変化が生じています。癌の代表的な治療方法と言えば、手術と放射線治療、抗癌剤などの化学治療が一般的で、手術は主に初期の癌に用いられ、既に転移が確認された場合でも切除可能であれば最も確実な方法であるといわれており、積極的に用いられる治療方法です。また、転移が進んでいると判断された場合でも、これら3種類の治療方法を組み合わせることによって完治の確率は大幅に伸びるようになりました。このため、現在は転移のある癌と宣告されてもあきらめる必要はありません。治療を拒否するようなことはせず、完治を目指し、治療に臨みましょう。

苦痛に対処する治療方法

癌治療の一つとして、近年注目されているのが緩和療法で、以前は末期の癌患者に対して用いられる治療方法でしたが、最近では初期の癌患者にも用いられています。以前の癌治療では、治療中の患者は化学療法による身体的な副作用や病気に対する精神的な憂鬱感が見られても、治療だから仕方が無いという理由で耐える必要がありました。しかし、最近ではこのような患者に対して緩和療法を行うようになっており、治療中でも美味しくご飯を食べられるように薬を処方し、むくみなどがあれば理学的治療を行い、悩みがあればカウンセリングで対処するなど、苦痛に耐えるのではなく、積極的に症状に対処しています。これにより、患者も治療を苦しいものと考える必要は無く、治療に臨むことができます。